LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2018/12 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NEWEST / < NEXT   BACK >

真、TOPxTOP前夜

「プロデューサー、いますか?」

Zzzzzz…

「あ、プロデューサー、寝てるのか…」

んむにゅ…

「プロデューサ、起きて下さい、プロデューサー!」(ゆさゆさ

んー…Zzzz…

律子「ンな事じゃ起きないわよ。真」
「あ、律子…」
律子「ちょっとどいてなさい、真。
せぇー、のっ!」(スパーン!!

ぎゃっ!!
ぐぁぁっ、目が、目がぁぁぁああっ!!

律子「ほら、起きた。」

律子!お前なにしやがる!いきなりハリセンはないだろ!!

律子「勤務中に爆睡こいてるような人には、これでも優しいくらいですよ?」(にっこり

ぐっ…し、仕方ないだろ。昨日あまり寝てなかったんだよ。
いま6組も抱えてるし。

律子「そのうちの一組が、相談に来てるわよ。ほら、真」
「あ、あの、プロデューサー…」

ん?あ、真じゃないか。最近、あまりレッスンがなかったが、元気にしてたか?

「だ、大丈夫でしたか?あんな起こし方するつもりは…」

ああ、大丈夫。気にするほどのこともない。で、どういう用件だ?

「えーっと、回りくどいのはキライなので単刀直入に言わせてもらいます。あの、 僕のレッスン計画とか、どうなってるんでしょう」

ん、ああ、昨日作ってあるよ。お前はルーキーズはすでに出演してるから、次の難関はTOPxTOP出演なので、そこに向けた計画を立てた。

とりあえず、ルーキーズの後から数えて3回ほどレッスンしたよな。もうそろそろ、出場してもいいんだけど、お前がちょっとプライベートで忙しそうだったから、様子見てたんだよ。

「あ、そうだったんですか。ボク、てっきり…」

みすてられたってか?なんかうちの事務所の子はすぐそういうことを言うなw
そんなことは絶対ないよ。

「それを聞いて安心しましたっ!
えっと、最近忙しかったのは実は学校の方で色々…」

うん。まあ、そうだろうな。学業は優先だから、そっちもしっかりやってくれ。学校の勉強も絶対に後で役に立つから。

「そうかなぁ。学校の勉強なんてつまんないですよ。役に立ちそうな気がしません!」

んー、まあ、教養って奴は身につけてみないと、どう役に立つかなんてのはわからんからなぁ。だまされたと思って、今はちゃんと勉強もやっとけ。お前がトップを目指すなら、絶対役に立つから。

どうせ、ランクが上がってくれば忙しくてそれどころじゃなくなるしな。できるうちに、できることはやっておくもんだ。

「プロデューサーがそういうなら…」

うん。
ま、仕事のことは心配するな。いくらでも算段つけてやるから。

「わっかりましたっ!へへっ、やっぱり、プロデューサーは頼りになるなっ!」

ほめたってなんもでんぞ(苦笑

「そんなんじゃないですよ。本気です!」

ん、まあ…あれだな…

「…?顔赤いですよ、プロデューサー」

う、うるさいっ!

それはともかく、時間できたならそろそろTOPxTOPのオーディション受けに行ってみるか。エントリーしておくよ。

「了解!よーっし、オーディションに向けて特訓だ!プロデューサー、練習室借ります!」

おう、行ってこい。


| Copyright 2005,11,16, Wednesday 12:46pm 瀧義郎 | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://takiyoshiro.fem.jp/tb.php/174

トラックバック

 

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)