LOGIN

閲覧形式: ゲストモード

ID:
PASS:

CALENDAR

<< 2017/07 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NEWEST /   

今年の抱負

遅ればせながら、今年の豊富などを書き残しておきたいかと思います。

昨年はいろいろとありまして、2月~3月頃は休職しておりました。
その影響もあって去年はとてもアクティビティが低く、日記の更新もままならない感じでしたが、昨年末より徐々に良くなっている感じがしております。

そこで、今年はアクティビティを高めるべく、以下のことを自分に課しておこうと思います。

・ 日記の更新頻度
 この場所は二次・オリジナル含めた短編の発表の場として、最低2週に一度程度の更新頻度を確保。
 さらに、以下に示す同人活動の活発化を目指して、お試し等をおいていきたいと思います。
 手始めに、冬コミで出したMASTERNOVEL02のプロローグ部分を後日掲載したいと思います。


・ 同人活動の充実
 これまでコミケだけの参加でしたが、オンリーにも参加していこうと思います。
 そんなに高頻度ではなくてもいいので、やっぱり作品を作る〆切として、オンリーを活用していきたいかなと。


・ 投稿本数の増加
 そろそろ未発表のものや、書きかけのモノをきちんと推敲・完成させて、いろんな所へ出していこうと思います。
 昨年も実は「公募ガイド」:を見ながらいろいろ書いてたんですが、結局送らなかったりしていたので。


とにかく、今年は本職とのバランスも考えつつ、アクティブに活動していこうと思います。
やるぞ俺。

| Copyright 2009,01,09, Friday 02:46pm 瀧義郎 | comments (0) | trackback (0) |

 

久しぶりの

久しぶりの通常営業です。
なんか、長編を書いてる間はそれしか更新しちゃいけないような気分になってましたが、よく考えるとそうでもなかったですね。

伊織「そーよ。あんた何さぼってたわけ?」

いや、さぼってたっていうか…なあ。
まあ副業が忙しかったりとかいろいろ…

事務所にはほとんど毎日行ってるじゃないか。
誰かさんは今日で五日も連続で絶対来いってメールをよこしたけど。

伊織「なによ。その言い方。だって、あんたほっとくと来ないでしょ!」

失敬な。ちゃんと5回とも行ったじゃないか!

伊織「じゃあ、メール出さなかったら来たの?」

それはまあそれゴニュゴニュ…
あ、そうだ、きょうDS買ったんだけどな。

伊織「またごまかしに入ってる…」

…お前な。こーいうときの逃げ道をいちいちふさいでると、友達なくすぞっ!

伊織「あら?私とあんたが友達だって言う気?」

…………


| Copyright 2006,06,26, Monday 02:19am 瀧義郎 | comments (0) | trackback (0) |

 

あふぁ〜ぁ

だいぶ長いこと寝てました。
おはようございます。

珍しくゲームの紹介。

●PS2だとう!

家族計画~心の絆~



関連商品
120円の春
メモリーズオフ アフターレイン Vol.2 想演 (通常版)
夏色小町 〔一日千夏〕 通常版
クロスチャンネル ~To all people~ 通常版
こころの扉 (通常版)
by G-Tools


唐突なんですが。

俺が中学生の頃、レーザーディスクが発表・発売されたんですよ。ハードの方ね。
けれどハードを買う金はなくて。
しかし、ラピュタだのカリ城だの、当時の俺にとってもう見たくてしょうがないソフトが山ほどあって、しょうがなくてソフトだけ買ったんです。
「目からレーザーがでたら、脳内で再生ができない物かなぁ」とか考えながらきらきら光る盤面を飽きもせず眺めてました。

で、家族計画ですね。
はじめてこのソフトの話聞いた時はネーミングのベタさに大笑いしました。
長らく手をつけてなかったんですが、DVD版がでた時に友達のすすめでやってみまして。

もうベタハマリしました。文字通り。
あんなにエロゲーにはまったのはTo Heart以来だったかもしれない。
お話はだいたい、「緊急避難的に集まって作った全くの他人同士の家族関係がぎこちないながらも始まり、みんな、それぞれ別の形でその家族関係ががいつか終焉を迎えるかもしれないと不安に感じていて、実際に迎えてしまった終焉と別れ、そして…」って言う感じのお話です。


アマゾンの感想に「泣きゲーに分類されることが多いけれど、そうではない」と書いてありましたが、私も全く同感です。
私にとってのこのゲームの価値は、泣けるところには無く、家族というモノを深く考える機会を与えてくれた、という所でした。家族って血縁じゃない、というのはよく言われることですが、それって、ほんとにはどういう事か、ということが、かいま見えた気がしました。わかった気になってるだけだというのは100も承知ですけどね。

また、Hシーンも、濡れ場そのものの描写よりも、そこに至る流れが非常に細かく作り込まれていて、かなり納得できる形で提供されており、To Heartなどで感じた理不尽な強引さはみじんもありませんでした。

と、言うわけで、PS2版が出るそうで。いやあめでたい。俺も早速購入します。

PS2もってないけどな。

…目からレーザーが出ればゲームできるかなぁ…



| Copyright 2005,02,13, Sunday 02:50am 瀧義郎 | comments (0) | trackback (0) |

 

NEWEST / PAGE TOP /   

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK


LINK

PROFILE

OTHER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)