――こんなダメな自分に、そんな価値があるのか。
――でも、いくばくかの価値を認めてくれる人が、もし、いるとしたら……?
――けれど……アイドルという職業を、自分のものとして考えたことはこれまで一度もない。
――いや、だれでも……はじめはそうだと、思う。
――そんなことを言っても……だから自分ができるということには……。
――けど、今まで漠然としていた「変わりたい」が、具体的に実現できる……かも、しれないのに。

雪歩の中で相反する思いが激しくぶつかりあっていた
文字通り瞬間ごとで「やってみよう」と「やめよう」が入れ替わる。

「じゃね、雪歩、また明日ねー」
誰かに声をかけられて、ほおづえをついていた雪歩は顔を上げた。
「あ……」

ひろちゃんだ。
すでに、放課後になっていた。
クラスメイトは、三々五々散り始めている。

「?」
「う、ううん。なんでもない」
ひろちゃんはニコリと笑って小さく手を振り、教室から出て行った。



今日は一日、ひろちゃんの言葉を考えていた。
朝からこれまで何をしていたか、思い出しにくいほどだった。

ふぅ、と深いため息を吐いて、机の脇に下げている鞄を取り上げる。
机の中に入れてあった教科書やノートを鞄に入れた。
とんとんとまとめながら、今日の授業は、ほとんどノートも取っていないことを思い出した。

『ダメだな……ちゃんと、うちに帰ったら復習しなきゃ……』

放課後の教室で嬌声を上げるクラスメイトをあとにする。
ほとんど自動的に靴箱で靴を履き替え、校舎を出た。

雪歩の全身を重い塊が包み込んでいた。

ひろちゃんの申し出に返事をしなければ、いずれ二次オーディションの日は過ぎるだろう。
そうなったところで、それは結局、これまでの自分の日常を続けると言うことだ。

誰しも、そうやって日々を過ごしている。

なにも、咎められるようなことじゃない。

がっちゃーん!!

「ひぅ!」
突然、脇の民家の門が大きな音を立てて激しく揺れた。
ぺたんと座り込むと、大きな犬が自分に向かって吠えかかってきた。

「バウワウワン! ガウ! ワォン!」

いつの間にか、あの家の前まで来ていた。

突然吠えかかられたあまりの恐怖に、腕が小刻みに震えている。
すぐにでもこの場を逃げ出したい。だが、完全に腰が抜けて、立ち上がることができなかった。

「う、うぅ……。
 そんなに、そんなに吠えないでよ……私……ダメな子なの、わかってる……のに……
 ……それなのに……」

震える手でカバンを抱きしめると、涙がこぼれた。

そのとき、鞄がわずかに震えた気がした。
腕が震えているから、そのせいか、と思ったけれど、犬の吠える声に混じって、着信音が聞こえる気がする。
手は思い通りに動かないが、必死で鞄を開ける。果たして、確かに、ケータイは鳴っていた。

着信画面を見た。ひろちゃんだ。
両手でケータイを握りしめ、ボタンを握りしめた。
『もしもし、雪歩?」
「ひ、ひろちゃぁん……」
『あの、さ。雪歩、今日、元気なかったけど……』
「うう、ぐすっ、ぐすっ」
『え? もしもし、雪歩? どうしたの? 泣いてるの?』
「わた、わたし、やる」
『え?』
「私、変わりたい。ダメな子でいたくない」
『雪歩、だいじょうぶ? なにがあったの? いまどこ?』
「わたし……かわりたいの、ひろちゃぁん……」

雪歩は嗚咽《おえつ》が止まらなくなった。


犬は、ずっと吠え続けていた。

ありえない。まったくもって、ありえない。
これは「青天の霹靂」どころか、「赤道直下でオーロラ」くらいのありえなさだ。

雪歩は、さっき揺すられたときよりも激しい勢いで頭を振った。
「ムリムリムリ! ぜーったいムリ!」
「だって、一次審査通ってるんだよ? それって少なくとも書類ではいけてるってことじゃん!?」
「でもでも、アイドルってバーン! で、ボーン! な人じゃないと無理なんでしょ!?
 私、ちんちくりんでひんそーだし、ぜんぜんそんなんじゃないよーっ!」
「雪歩の場合、体よりもイメージの方がひんそーね……」
目を半分閉じて、呆れたように口を開けたひろちゃんは、すぐに表情を戻して肩をがしっと握ってきた。
「そんなことないってば! 雪歩十分カワイイし、私が保証するよ! きっと人気出るって!」
「で、でも、私、男の人って……」
「だからじゃん! いつも雪歩、変わりたいっていってるじゃん! これって、すっごいチャンスでしょ!?」
「う……」
「だーいじょうぶだって! イェス、ウィー、キャンだよ!」
「……でも……」
「雪歩ぉ~~」

 雪歩はうつむいて、考え込む。
『これは、本当にチャンスなのかも……でも……お父さんがなんていうか……』

――やれるものならやってみたい……気はする。
でも、本当に自分にできるのか。第一そんな夢物語が、自分に用意されてる、なんて。
でも――

でも、のリフレインが雪歩を覆う。
どう考えてもできるわけがない、という思いと、もしかしたら変わるためのチャンスかも知れない、という思いとが交錯し、思考の迷路にはまりこむ。

どのくらい固まっていたのだろう。
ひろちゃんのふぅ、というため息で現実に戻る。
「……そっかぁ……」
顔を上げてひろちゃんを見ると、困ったような笑顔で雪歩を見ていた。
「ごめん、ちょっと興奮しすぎたかも。雪歩がやりたくないなら、しょーがないよね」
『え、ちがう』
雪歩はひろちゃんの顔をまっすぐ見た。
『やりたくなく、ない。
 せっかくのチャンスなのに。
 ひろちゃんが、私のために作ってくれたものなのに。
 私は、それを本当に捨ててしまっていいの……?』

衝動が激しく雪歩の喉を突き上げていた。
しかし喉の蓋は厚く重く、言葉はそれを突き破れなかった。

もどかしくて奥歯をかみしめると、ひろちゃんがにっこりと笑った。
「ガッコ、いこ?」

その、ひろちゃんの笑顔が痛かった。

少女は空を見上げて、嬉しそうにぱっちりとした垂れ目がちな目を細めた。
肩口までそろえた髪が、さらりと耳をくすぐる。

「いいお天気……」

初冬の空はすっきりと晴れ渡り、風も凪いでいた。
まろやかな光が目に優しく、何気なく手をかざすと、手のひらにはお日さまの恵みが十分に感じられた。

その少女、萩原雪歩は、こういう日が大好きだった。

学校に行く道も、日の当たっている道を選んで歩くだけでとても楽しい。暖かい日の光が気持ちをも暖めてくれる。

思えば今朝は、目覚めたときからわけもなく心が浮き立つ日だった。
そのせいか、朝食のお茶は美味しく淹れることができたし、茶柱もおまけについてきた。

しかし。
『……これであと、あの道さえ通らなくてもいいなら、さいこーなのにな……』
 学校が近づくにつれ、幸せな気分が少しずつしぼみはじめた。

気持ちに呼応するように歩みも次第に遅くなりはじめる。ついに、ある曲がり角で雪歩の足が止まった。
『うぅ……』
目を閉じて、ぎゅっと鞄を抱きしめる。


できることならこんな道は通らずに済ませたい。
しかし、学校の門はすぐそこにある。この道を通らないことには学校に着かないのだ。

問題は、「犬」だった。

学校のはす向かいに、雪歩にだけいつも吠えかかってくる犬がいるのだ。
友人曰く、「雪歩の犬嫌いオーラが伝わってるんじゃないの?」と言うことだが、そんなこと言われたってどうしようもない。
好きで嫌いなわけじゃないし、あまつさえその犬は、雪歩にとってありえないくらい巨大な犬だった。
そのうえ、いつも雪歩がその道に入ったとたん激しく吠えかかってくる。
匂いでもするのだろうか、と思い、朝、シャワーをしっかりと浴びて、できるだけ匂いを消したこともある。
もちろん、まったく効果はなかったが。

あと三年、この道を通り続けねばならないと思うと、それだけでも気持ちが沈んでくる。
とはいえ、家に引き返すわけにも行かない。

雪歩は覚悟を決め、ふぅ、と気合いを入れてカバンを抱きなおした。
「われはトラ、いかになくとも犬はいぬ、獅子の歯噛みをおそれざらめや……」
祖母直伝の犬よけのおまじないを口先で唱え、目を閉じてダッシュした。

歯を食いしばって、よたよたと走る。
しかし、今日は道に入っても吠えかかってこなかった。
『でも、どうせ門の前を通れば……』
変わらず、突然吠えかかられたときの覚悟を決めて走る。

たぶん、今、門の前くらいだ。

そろそろだ。





そろそろだ。







もうくるか?









あと5歩以内!












「……あれ?」

一向に、吠えかかってくる様子がない。
雪歩はゆっくりとダッシュをやめて、こわごわと目を開いてみた。

「あ……!」

ちょうど、あの呪わしい門の前だった。
犬の姿はない。いつもは今にも壊さんばかりに門にもたれかかり、雪歩をぎゅっとにらみつけて口角に泡をためながら吠えかかってくるとあの犬がいない。

こんなこと、高校入学以来はじめてだった。思わず、笑みがこぼれた。空を見上げて、お日様に感謝をする。

『今日はほんとに、いい日……かも』

と、突然。

後ろから何かにタックルされてつんのめった。
「ひぅっ!?」
まさに、青天の霹靂。このタックルは、まさか……あの犬!? やり過ごした、と思ったのは幻想だった!?

『あの鋭い牙のついた大きな口でかじられたら、私のひんそーなぼでーなんてあっという間に……
あ、あれ、でも、ひんそーだけど食べるところなんてあるのかな……
や、その前に、食べられたら死んじゃうーっ!!』

この間。わずか、コンマ1ミリ秒の思考だったという。

雪歩の普段の行動からは、とても考えられない素早さでしゃがみ込み、カバンを頭にかぶせて叫んだ。
「いやぁぁぁあ、やめてー!
 私なんてひんそーだし、ガリガリだし、食べてもぜんっぜん! おいしくなんかないですぅーっ!」
「ゆきほぉー!」
「ひぇゃぁあああ! 犬が私の名前を……って、え……?」

そんなわけは、ない。
おそるおそるカバンをどけて振り向くと、見知った顔と目があった。

「ひ、ひろちゃん……?」
「雪歩、受かった!」

ひろちゃんはへたり込んでいる雪歩の正面に座って肩をつかみ、雪歩の頭がヘッドバンキングするほど激しく揺すった。

「え、な、なに……?」
「だからっ、通ったんだってば!」

世界がぐりんぐりんと回る。雪歩はだんだん目が回ってきた。

「え、あの、ちょっと……それより気分が……ひろちゃん、とめてぇ……っ」
「あ、ご、ごめん!」

ひろちゃんは慌ててぱっと手を離した。
雪歩は揺すられた勢いが止まらず、まだ頭がぐらぐらと揺れていた。ついでに、回った目も止まらない。

「雪歩、だいじょうぶ? ごめん、興奮しちゃって」
「ううん、だいじょうぶ……で、なにが、どうしたの……?」
「あ、そうっ! それ!
 雪歩、あんたアイドルになれるんだよ!」
「え、あいどる……? それは、おめでとうございます……」
「あ、正確にはなれるかも、だけど。
 でも、雪歩ならきっとだいじょうぶ! 二次も受かるに決まってるし!」
「え……。だれが?」
「だから、あんたが」
「あんたさん? って、誰だっけ?」
「だから、雪歩! あんた!」
ひろちゃんが、雪歩の鼻先に指先を突きつけた。
「え……わたし!?」
「そうっ! しかも、あの、765プロだよ!?」
「え、あの、アイドルって、わたしが、アイドル……工エエェェエエ工!!??」

≪続く≫

瀧です。

夏コミに向けて、新刊「キモチの行方」のプレストーリーとなるお話を、しばらく連載することにしました。
だいぶ前に配布した、「plologue of M@STERNOVEL 02」という話の焼き直しというか、ほとんどそのままです。
若干改変が入ってますが。

新刊はこの話の続き、ということなので、この連載、夏コミまでには終わります。
そして、新刊ではこの続きを配布する予定です。でも、大部になるので上下になるかも。

ともあれ、ぜひ、読んでくださいませ!

瀧です。


もうさきおとといの話になりますが、17日に行われた祇園祭の山鉾巡行に参加してまいりました。
ちなみに祇園祭の詳しいことはここここを見てもらうとして。


京都に職場を持ってると、そういうお誘いが来ることがあるんですね。
まあ滅多にはない機会ですし、体験すべきだろうと思いまして。


同僚には「しんどいぞー」とかだいぶ脅かされましたが、たいしたことはなかったです。
ぶっちゃけ夏コミの待機列の方が倍くらいは大変です。
ただわらじを履いて練り歩かねばならなかったので、テーピングなどの準備が無ければ死んでたかも知れない。でも準備が大変なのはコミケもだしなあ。




さて。
僕が曳いたのは浄妙山という山です。
御神体が等身大の人形で、一番乗りを争う二人の武士の姿を再現したもの、らしいです。
絨毯なんかで飾られた台の上に橋の形が再現されていて、その上に厳つい顔をした僧兵が乗っており、さらにその頭に手を突いてバク宙してる若武者の人形が乗ってるという。
けっこう見栄えのする山で、割と人気でした。


でも、名場面の再現って……要するにジオラマですよね。
しかも場面が場面なので、ぶっちゃけ、僕には「俺を踏み台にしたぁ!?」にしか見えずw


というか実を言うと、鉾はそうでもないんですが、山はほとんどが名場面再現系なんですよ。
歴史ある日本の三大祭の一つのはずなのに、だんだん、等身大フィギュアをつかったジオラマを見せて回る会に見え(以下検閲削除




というわけで。


もしかしたら、コミケとかも200年経ったら「伝統ある祭」になるのかも知れないなあと思ったりしました。つまりコミケの伝統を作るために、原稿がんばりますw

瀧です。

僕は仕事でけっこうPCを使うのですが。一部共用のPCというのもありまして。
そこでは誰もがPCを使えるんですね。

で、今日、そのPCを使っておりまして、ふと。
USBポートをみてみると、白いUSBメモリがささっていました。

「だれのだろ?」

保存されてるファイルを見て誰だか特定しようと、フォルダを開いたところ。
なんか、それなりに仕事のファイルが詰まってる中に、一個だけ

ルイズ.txt

という、ものすごく開きたくなるようなファイルがありまして。

なりますよね?

僕ももちろん開きました。



















ルイズうううううう!その桃色の髪に埋まらせろおおおおおおおぉくんかくんかしたい(以下略。1000文字程度、改行も無しで続く)















……持ち主には、開いたことは黙っていようと心に固く誓いました。

ごめん。高岡君(仮名

瀧です。

先だっての土日、東京でアイマス5周年ライブに参加してきました。

……本当に、感慨深いものがあります。
1周年のライブの時とか、たぶん最後だ、と思いながら参加しました。
その後、毎年ライブはありましたし、いろんなイベントがありましたが。
全部、今回が最後だろう、と思いながら参加していました。

結局、5年間続いた上、当初はありえないと思っていた2の発表も聞けて。

これほど、僕の人生に深く関わることになったコンテンツなんて少数です。
旧ブログは2005年からずっと、アイマスのことを書き続けていましたし。
今もCDが出るたびに買っていますし。
同人活動に手を染めたのもアイマスあればこそです。
そのおかげで、本当にたくさんの人と知り合えて、新しい世界も開けました。

今、僕はアイマスが好き、と胸を張って言いますが、
僕の言う「アイマス」という言葉に含まれている意味合いは、
ゲームしての「THE IDOLM@STER」にとどまりません。

というのも。

僕は一時期、アイマスから離れかけたことがあります。
アイマスが金になるとわかったメーカー側の、大量のCDリリースや、
ありえない価格のDLCなどにちょっと鼻白んでいたんですね。

そんな僕を引き戻したのは、ゲームではありませんでした。

ましてCDや、ムックなどと言ったコンテンツの力でもなかった。

僕をアイマスに引き戻したのは、他ならぬ「プロデューサー」達でした。

あれは、冬コミの時期でした。
リンクにもある、霧島工房さんの霧島義隆さんが、「DANCE M@STER」というイベントに誘ってくれたんです。

DJ達が自分でリミックスした楽曲を持ち寄り、それを流してみんなで踊る、という。
いわゆるクラブイベントなんですが。

5時間近くあるイベントなんで、ずっと踊りっぱとか不可能ですから、
休憩スペースとかもあるんですね。

そこで、いろんなプロデューサー達をみていると。

コミケ前でしたから、原稿とかやってる人もいるんですが、
好きな曲がかかったら、本当にキラキラした顔でフロアに飛び出していくんです。

フロアで踊ってるときは、みんな本当に一体になってるんです。

好きだ、というその一点で。

ああ。って思いました。そうだよな。って。

搾取されてるとか。そんなこと、どうだっていいんです。
どう楽しむかって考えたらいいんです。

それを、あの場のプロデューサー達が教えてくれました。

あのときに、僕の中でアイマスが人生になった、ような気がします。
アイマスが好きでいる限り、仲間である人たちがいる。
彼らがいる限り、僕はアイマスが好きでいられる。

制作側とか、ユーザー側とか関係ない。

僕は「好き」のキモチがつなぐ縁、というのを実感してしまったんです。
もう、やめられるはずが、ないですよね。

同人活動をやめる、という選択肢は、もしかしたら、あるかも知れません。
でもアイマスをやめるということは、仲間を捨てることに等しい。
それは人生を放棄することにすら繋がるような気がしています。

というわけで、僕はこれからもプロデューサーを続けていくのです。

瀧です。ご無沙汰しています。

Novel_I も発行し、二月が過ぎましたので、そろそろ自分のサイトにもどそうかと思いまして。戻すついでに一新しました。

細々とオリジナルの執筆も続けておりますし、同人活動も続けておりますので、以前のようなサイトに戻していこうと思っています。

しかし……旧サイトの最後のエントリ、マジで痛いんですけど。思わずエントリを削除しようかと悩みましたが、自分への罰というかなんというかで残しておきますw

それではよろしくお願いいたします。

追伸:

旧サイト(……すGIL!)や、Novel_I 公式ブログも右側のリンクに残してありますので、よければご参照くださいませ。

Twitter